かなり肝心な片付けやすさ

キッチンにこだわりを持っていますか? このような質問をされたら、多くの既婚者女性、また料理好きな男性はこだわり続けていると進行系で答えるでしょう。使えれば何でも良いと思う人もいますが、人によって理想的なキッチンとは異なることを知るべきです。このサイトではそんなキッチンのこだわりに注目をしつつ、どんなキッチンが良いのかを考えていきます。

常に増えていく道具

次にピックアップしたいのは、調理に必要な道具についてだ。フライパンや鍋もそうですが、料理を盛り付けるのに必要なお皿やコップなどもその1つと言える。日常的に使用するものもあれば、料理の時にしか使用しない、調味料を入れておく容器なども人によってかなり多種多様になるでしょう。増えるだけ増えていくと言ってしまえばそれまでですが、そんな道具たちを片付けるスペースとは限界はある。収納問題、キッチンに留まらず色々な方向で収納問題は人を悩ませる、一種の現代病みたいなものなのかもしれません。しかしキッチンで使用する道具を処分しようにも、そう簡単に行く話ではない。近年ではゴミ出しにもかなり注意喚起が回されているため、中には容易に捨てられないと困り果てている人もいると思います。

そんなキッチン事情の道具収納、そして片付けについては命題であるかのような錯覚感さえ生まれる人だっているのではないか。片付けたくてもスペースがない、中には必要最低限のものさえ片付けられないと嘆く人すらいるはずだ。生活スペースは各々異なりますが、料理をする人ほどキッチンスペースはかなりの幅を求めるのではないか。キッチンリフォームではそうした問題を解消できるようにと考えて実行する人もいる。

問題の程度は人によって異なれど、家族で暮らしている人には気づいたら収納で悩んでいると気づくことはありませんか。筆者もそれはある、なにせ母が確実にいらないお皿を何枚と貰ってきては、収納スペースを圧迫するという困ったことを一時期していたもので、その都度いらないことに気づいてくれと嘆願したものだ。そうではない必要なのに片付けられないでは話にならない、キッチンの収納事情は常に手広く用意されている方が便利なのは言うまでもない。

使いやすさのポイントにも入る

実はキッチンの収納スペースとリフォームについてはかなり事細かに計画していかなくてはならない問題なのです。特に収納は、普段料理をする人がよく使うものを『首の中心から約75cmの範囲内に収納する』、という点に比重をおいたほうがいいのです。人によって高さは異なりますが、この75cmの空間によく使用する道具を収納しておくことで取り出しやすさが実現できるからだ。そうなると鍋やフライパン、包丁に調味料などはそれらのエリアに置いておけば普段の料理もしやすくなるのです。

位置と高さは収納する上で重要になる、普段使用するお皿やコップを棚の手前に置くようなもので、取り出しやすくないとダメだと考えるもの。料理中などは作業の進行具合からすれば、吹きこぼれなどが起きない瞬間を見計らって、道具を出し入れしたい。使いやすいキッチンのリフォームでは、普段から使用する人向けに設計する必要があると言ったのはこのためなのだ。

棚ではなくキャビネットに

最近でも見かけることが多くなっている収納方式についてですが、中には棚を使わないという人を見かけることがあります。キッチン収納でも棚にお皿や鍋などをしまうことはごくふつうのコトだと思っていましたが、どうしてそうなっているのか。理由を調べてみると、やはり身長的な問題があるという人が結構いる。料理をするのは妻の仕事、なんて古い考え方を述べるのはどうかと言われそうですが、現実的に料理は男性よりも女性のほうがダントツでする回数は多いはずだ。

その時、女性は自分の身長にあったところまでしか収納はしない、それ以上高いところに片付けても取り出して使用するのが困難になってしまうからだ。男性でもそれは同じことですが、普段から使用する道具ほど手がすぐに届くところに配置してあれば、それ以上便利なことはない。そうなると棚ではなく、引き出しやキャビネットにするのも納得できる。最近の商品ではキャビネットに入れられる収納スペースもかなり広いので、片付けに困らないという意見をそこかしこに見受けられる。

どこまでこだわるか

収納をもっともっと広くしたいというのであれば、棚を使用することも想定だけでもしておこう。全く使用しないという人もいるかもしれませんが、中には普段から全くといっていいほど使用しない調理道具もあるはず。そうしたものを取り出しにくいところにしまって、おけばスペースも十分に確保できるでしょう。自室などとはまた違った収納問題が根っこ深くにあるキッチンですが、リフォームをすることでそれらの問題も解決できるようにしたい。