何を優先して選ぶべきか

キッチンにこだわりを持っていますか? このような質問をされたら、多くの既婚者女性、また料理好きな男性はこだわり続けていると進行系で答えるでしょう。使えれば何でも良いと思う人もいますが、人によって理想的なキッチンとは異なることを知るべきです。このサイトではそんなキッチンのこだわりに注目をしつつ、どんなキッチンが良いのかを考えていきます。

綺麗なキッチンは誰でも好き

キッチンをリフォームするのもそうですが、新築物件に住むこととなってキッチンをどんな風にするかと考えるのは女性が中心でしょう。男性が料理好きや普段から役割が逆転しがちだと思っている方もいますが、そういう場合は普段から使用している人の意見が何より優先されます。もちろん一緒に住んでいる以上、家族の意見も蔑ろにしてはいけない点でもありますが、視点が少し違うだけで揉め事になりかねる。キッチンを利用する上でどの点を重視するかは普段の生活でどれくらいキッチンに立っているかでわかります。そうなると世帯ごとのキッチン使いも差がある点もそうですが、共通して見えてくる問題点がある。

先ほども何度となく紹介してきたが、キッチンの決め手は『収納』と『機器の使い勝手』を重視するべきだと考えられているのです。機器というのは蛇口にしてもコンロにしても、そして冷蔵庫などを使用する時だ。食洗機も例外ではなく、毎日使用するそれらの道具が料理をする際に億劫に感じることなく、利用する際に困ったことにならないという条件のもとでだ。

ただこういう言い方だとあまりに漠然としているので、もう少し詳細にキッチンの選び方で優先すべき点である『収納』と『機器の使い勝手』について考察していこう。メーカーごとに異なるそれらをどう使いこなすかはそれぞれですが、躍らされすぎないように気をつけるという点にも配慮しつつ最新キッチンを選んだ方が良い。機器については独自性があるのでこれといったことは特別浮かんできませんが、収納についてはかなり悩まされるという。

アイディアづくしの収納術

先程も紹介したが、キッチンの収納事情は棚から引き出しへとシフトしていると言っても良い。もちろん棚を設置することもあるでしょうが、もっぱらの頻度で使用するのはキャビネットを始めとした引き出しが中心になります。そこに収めるべきものをドンドン詰め込んでいき、普段の料理がもっと楽しくなるようにと後押しするメーカーの創意工夫が込められている。あるメーカーだと、水回りに使用する道具はここの引き出し、実際に調理する道具をしまっておくための引き出しはここと、事細かに指定があったりするのだ。また最近流行りのカウンターに、食洗機が内蔵されているなどの場所のスペースも快適になっている点からも、要望が強かった部分や悩みになりやすい要所々々を克服していったのが現在の最新システムキッチンになる。

そのためもあってか、あっちも良ければこっちも良いと感じることもあれば、逆にこれはそれが足りなくて、あれには何が必要なのかと、他社の自慢があらぬ粗探しを生み出してしまうという、ちょっと面倒な状況になっている。理想を追い求めようとすると完璧にこだわるのは分かりますが、逆にこだわりすぎるとキッチンのリフォームどころではなくなりそうだ。

作業スペースの広さ

収納術が豊かになったことで、最も便利になった点もあります。それは料理をすると着の作業スペースが段違いに広くなったという点でしょう、これには助かっていると納得の人も多いはずだ。その証拠が食洗機のキッチン内蔵型であり、片付けをする時間をしつつ料理をする時間に回していく。効率がいいかどうかは人によりけりな部分に分かれるものの、広いことに困る人はいません。それこそ食洗機が登場したての頃はとにかく巨大で、作業スペースの圧迫が甚だしかったと懐かしくなる人もいるでしょう。

別段キッチンそのものを拡張したわけではなく、間取りを広く取ったわけでもない。ただ普段から料理をする作業スペースに、収納というエッセンスを付け加えることにより、こうした方が良いという意見が出てきやすくなったということだろう。

ステンレスが人気

料理は楽しくしたいですが、その料理をしているとどうしても避けて通れないのが汚れだ。機器の使い勝手さや収納とはまた違った問題ですが、キッチンの汚れは放っておけばおくだけひどくなっていく。その場で拭き取れる汚れであれば綺麗にしたい、そんな希望を叶えてくれるのがステンレス製だ。最新式のキッチンでは多くがステンレスを採用しているので汚れにも強く、掃除もそこまで手間暇×ことなく片付けやすくなっているという。

こだわりのキッチンと言っても、皆が求める点は意外と共通しているのがはっきり分かるところだろう。